青髭のケアを自宅で行うとすれば、脱毛器も候補の1つとして挙げられます。

男女問わず、異例とも言える大ヒットを記録している「ケノン」。

 

  • ゼロファクターを使おうか?
  • ケノンを使おうか?

 

迷っている方もいるのではいるのではないでしょうか?

この2つの商品のメリット・デメリットをお伝えしていきますね。

 

ゼロファクターVSケノン!髭対策にはどっちを使用するべき!?

 

青髭対策にはゼロファクターとケノンどちらがおすすめかと言われるとその方の髭の体質や環境などが違うので一概には言えません。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで自分に合う商品を選択するようにしましょう。

ケノンのメリット

 

  • 脱毛効果が高い
  • 髭処理が楽になる
  • 青髭が解消できる可能性が高い

 

ケノンは脱毛サロンで行われている光脱毛を自宅用に改良したもので、髭にも使用することができます。

原理としてはサロンと同じなので、自宅ケアとしてはかなり高い効果を期待することができます。

すぐに青髭が改善することはありませんが、地道に脱毛が実践できればコンプレックスを解消できる可能性は高いと思います。

 

ケノンのデメリット

 

  • 値段が高い
  • 脱毛がすごく面倒
  • すぐには効果が出ない

 

ケノンの販売価格は約7万円です。 ずっと使い続けることができると考えれば安い投資かもしれませんが、一度の出費で7万円は大きいですよね。

それと髭周囲だけを脱毛するだけでも結構な時間がかかってしまうほど使い勝手は面倒なものです。

脱毛効果には個人差もあって、半年~1年かけて徐々に脱毛していくのでそれなりの期間は必要になってきます。

 

ゼロファクターのメリット

 

  • 1本あたりの値段が安い
  • 見た目に変化がすぐに起きる
  • 使い勝手がすごく簡単

 

一度の出費という意味では、ゼロファクターは初回価格980円なので試しやすい商品です。

そして、ゼロファクターを塗ると髭をコーティングしてくれる効果もあるので、使用してすぐにいつもよりちょっとだけマシに見えます。

ゼロファクターは毎日使用するものですが、たった数秒でケアは完了してしまうので使い方はすごく簡単です。

ゼロファクターのデメリット

 

  • 続けるごとにコスパがかかる
  • 約3ヶ月の時間がかかる
  • 効果には個人差がある

 

ゼロファクターは使えばそれだけコストがかかってしまいます。

定期購入していれば1ヶ月に1度は自宅に配送されてきますからね。

そして効果には個人差があり、中には全く効果がなかったと言われてる方もいます。

当サイトの検証によると約9割の方に効果がありましたが、残りの1割の方は効果が実感できなかった方がいることも事実です。

 

ゼロファクターとケノンならどっちにしますか?

最終的には個人の判断ですが、私から言わせればどちらか好きな方でいいと思います。

ケノンは脱毛器なので、脱毛効果は大なり小なり実感できるはずです。

問題は継続して続けられるかどうか?です。

ゼロファクターもケノンもすぐに青髭がキレイになるわけではなく、時間をかけてケアしていくものなので続けられない方はどちらを買っても同じ結果だということです。

この2つの商品はどちらも大ヒットしている実績のあるものだということは最後に言っておきます。